クラミジア治療薬のクラビット

クラビットはクラミジアの治療に最も役立つ治療薬です。感染してしまった際の治療方法など紹介しています。。

クラビットとは

クラビットとは

日本のみならず世界中で蔓延するクラミジア。もしあなたが感染してしまったらどうしますか。早期に治療をしなくては二次被害の恐れもあります。ですが、感染してしまった場合でも安心してください。クラミジアの治療に最適な治療薬クラビットを服用すれば完治することができます。クラビットはもっともポピュラーな薬であり、クラビットの効果はとても強く治療には最適です。
当サイトではクラミジアの被害から救う為、クラビットを始めとする治療薬や性病の予防についてわかりやすくご説明していきます。

クラビットの効果

若い男女の間で感染し続けている3522211119の治療薬として病院などでもよく処方されるのがクラビットです。服用することでクラミジアの菌を死滅させ、治療することができます。またクラミジアの治療だけでなく様々な感染症に対しても効果があり、処方されます。これらは細菌の増殖抑制に優れていることが理由としてあげられます。その為、万能薬的な扱いとしてもとても有名です。

具体的に言えば肺炎や咽頭炎、尿道炎、中耳炎、副鼻腔炎などにもクラビットの服用は効果的であることが証明されています。ですが、インフルエンザなどのウイルスによる感染の場合には効果がありませんので注意が必要です。性感染症は早期に気付き、治療をすることが大切です。もし感染してしまった場合にはクラビットの服用をオススメします。

クラビットの成分

クラミジアなどの細菌の増殖抑制に優れたクラビットですが、なぜ細菌に対して有効なのか。それはクラビットに含まれる成分にあります。主成分はレボフロキサシンと言います。多くの方が聞き慣れない言葉だと思いますが、実は大半の人がこの成分を服用したことがあります。その理由はレボフロキサシンはニューキノロン系に分類される抗生物質で、よく風邪薬などで処方される抗生物質にこの成分が含まれているケースが多いからです。

感染の原因とも言える菌のDNAの複製をするのに重要な酵素を阻害する働きがあり、増殖できなくなってしまった菌を死滅してしまいます。菌に対して直接的な効果があるわけではないのでレボフロキサシンは身体にかかる負担も軽減されています。

クラビットの副作用

比較的クラビットは副作用は少ない方で起こる可能性も1%もありません。ですが、服用した際の体調やタイミングによって起こるケースも報告されていますので知識として把握しておく必要があります。
報告例としては発疹や下痢、腹痛、めまいなどがございます。これらは比較的軽度な症状となっており、薬が効いている証拠でもありますので時間が経つにつれて症状は治まります。薬の成分の影響で光線過敏症が出る場合もあり、皮膚の弱い人などは服用後に直射日光は避けた方がよいとも言われています。副作用の症状が長く続くようであれば服用を中止し、医師へ相談してください。また稀にけいれんや肝機能障害といった重い副作用が起こることもありますのでこれらの症状が出た場合には同様に受診が必要となります。

クラビットの飲み方

クラビットは症状や製剤によって飲み方が異なります。クラミジア治療の場合には錠剤の250mg、500mgの服用となり、一週間服用を続ける必要があります。成人の場合250mgであれば1日2回、500mgであれば1日1回、必ず空腹時を避けて服用する必要があります。空腹時に服用してしまうと強い効力によって、強い副作用が起こる場合もあります。その為、食後の服用が望ましいです。

一週間服用を継続することでクラミジアの菌は死滅しますが、症状が治まったからと言って途中で薬の服用をやめたりしないようご注意ください。過剰に摂取しても早く治るわけではないので決められた錠数を守り、焦らず治療することがとても大切です。

クラビットの服用時の注意点

決められた錠数であったり、副作用に注意しておけば良いわけではありません。まず小児、妊娠中・授乳中の場合にはクラビットの服用は万が一のことを考慮し、お控えください。また腎臓に病をお持ちの方や高齢の方は副作用が出やすいため、注意が必要です。
他にも服用後に車や機械の運転も眠気やめまいといった症状が起こる可能性もありますので出来るだけ控えるようにする必要があります。

【注意】クラビットとの飲み合わせ

薬には相性があり、併用してしまうことで体に危険を及ぼすものがあります。このクラビットにも併用して服用すると体に害を及ぼす可能性のある薬があるので注意しなくてはなりません。併用の際、注意が必要な成分としてロキソプロフェンナトリウムです。名前だけ聞いてはわからないと思いますが、鎮痛剤で有名なロキソニンなどです。ボルタレンなども併用する際には注意が必要となります。一緒に服用した際にけいれんなどが起こる可能性があるので医師へご相談してからの服用をオススメします。

クラビットの購入方法

クラビットの購入方法

もしクラミジアに感染してしまっても安心してください。クラビットを服用することでクラミジアは完治することができます。クラビットを手に入れる方法は二通りあり、病院での処方と通販サイトでの購入です。第三者に知られても良いからすぐにでも治したい場合には病院での処方、誰も知られずにこっそり治療した場合には通販サイトの利用が好ましいです。このようにそれぞれメリットがあるわけですが、デメリットも含め詳しくご説明します。

病院での処方

クラビットは細菌による感染症の治療に用いられる薬として扱われているので多くの科で処方されています。クラミジア感染の場合、性病科・泌尿器科・産婦人科で処方してもらうことができます。問診票の記入、採尿、診察がクラビット処方までの流れで、混み合う時間にもよりますが、早ければ30分程度で処方してもらうことが可能です。すぐにでも診察結果を知りたい、薬が欲しいと言う場合には病院での処方がオススメです。

通販サイトでの購入

クラビットを手に入れる手段として病院での処方以外にも通販サイトでの購入があります。楽天やamazonと言った一般的な通販サイトではなく個人輸入代行の通販サイトになります。個人輸入をするにあたって色々と守らなくてはならない点がありますが、使い勝手などは一般的な通販サイトと変わりないので購入手順がわからなくなってしまうことはございません。

薬を処方してもらう場合、通常であれば処方せんが必要になりますが、個人輸入の場合には処方せんなしで購入することができます。つまり、病院へ行かずとも薬を買うことが出来ます。これは大きなメリットではありますが、処方せんがない為、服用などに関して全て自己責任になってしまう点はご注意ください。ですが、通販サイトに服用の方法や注意点などが記載されていますので正しく服用すれば問題はございませんので安心して服用することができます。

他にも通販を利用する上でのメリットがあり、価格の安さです。病院での処方の場合、診察代や交通費などもかかりますが、通販の場合、商品代金のみになります。送料もプラスされることもありますが、それを含めてもお得なのは通販に違いありません。価格以外にも誰にも知られずに購入出来る点も通販サイトの強みであると言えます。 但し、良いことばかりではなくデメリットもあるので注意しなくてはならない点があります。それは悪質なサイトで薬を購入してしまうことです。中には本物と偽って偽物を販売している業者がいるのも事実です。粗悪品を服用した場合、身体に悪影響を及ぼす恐れがある為、サイト選びには十分注意しなくてはなりません。親切とは言えない対応であったり、雑なサイトのデザインなどで判別することが可能ですが、見分けづらいのが正直なところです。

そこで当サイトでは信頼できるサイトをご紹介しています。お薬なびをご存じでしょうか。各症状・悩みに合わせて様々な医薬品を取り扱っている個人輸入代行の通販サイトです。他のサイトではない電話での注文受付・迅速な配送対応・親切なサービス等が信頼出来る証拠です。クラビットもお薬なびで取り扱っていますので通販での購入をお考えの方はお薬なびの利用を検討してみてください。

クラビットのジェネリックの種類

クラビットのジェネリックの種類

クラビットとは元々、日本の製薬会社、第一三共㈱が開発した薬です。クラミジアや膀胱炎、気管支炎や中耳炎など、実に幅広い細菌の感染症に効果がみられることから需要も高く、国内海外問わず多くのジェネリック医薬品が製造販売されています。いずれのジェネリックもクラビットと同じレボフロキサシンという有効成分を含んでおり、期待できる効果も同等、その上値段も安価なので手に入れやすいとあって、多くの人に使用されています。

LQUIN

クラビットのジェネリック医薬品の中でも特に人気を集めているのが、海外の大手製薬会社、シプラ社で製造販売している「LQuin(エルクイン)」です。製薬会社のシプラ社は、他にも抗生物質や喘息の治療薬などの薬を世界中で販売しており、信頼性が高い企業として認められている会社として有名です。なので、「安心の低コスト・高クオリティ」と言われ、クラビットから切り替え治療をしていく方も少なくないようです。もちろんジェネリック医薬品ですからクラビットと同じ有効成分を含んでおり、同じ効果が見込めます。LQuinは通販サイトを利用して海外から手に入れることになりますが、幅広い細菌感染症に有効な上、クラビットよりも安価に手に入るので、完治後もいざという時の為に常備しておく人もいるようです。

クラビリン

クラビリンもレボフロキサシンを有効成分としており、クラミジア含め多くの感染症に効果があるクラビットのジェネリックです。また、細菌のDNAにダイレクトに作用して菌の増殖を抑えるだけでなく、殺菌作用もあることから、症状が重めの場合でも高い効果が期待出来ます。症状によって1日に飲む量や服用日数は違ってきますが、この有効成分は食事の影響を受けないうえ、胃にかかる負担が少ないということもあり、1日1~2回(容量によって異なります)の飲むタイミングは食前・食間でも大丈夫です。他の抗生物質よりも副作用が発症しにくく、ペニシリンなどの抗生物質でアレルギーのある方でも使用することが出来ることも特徴の一つです。

レボフロックス

レボブロックスもLQuinと同じく、海外の大手製薬会社シプラ社で作られているクラビットのジェネリック医薬品です。性病のクラミジア治療以外に、男性がかかりやすいと言われている淋病へも効果があります。有効成分は当然レボフロキサシンなので、気管支炎などの呼吸器系、耳鼻科系、膀胱炎などの尿路感染症の他に、リンパ節炎などにも効き、幅広い症状の治療に使われています。マグネシウムやカルシウムなどを含む飲食物を一緒に摂取すると、レボフロックスの効果が下がってしまうとも言われることから、少なからず食物の影響を受けることが見受けられますが、副作用が起きることは珍しく、吹き出物やニキビの菌に対しても治療効果があることから、多くの人に使用されています。

レボクイン

こちらもクラビットのジェネリック医薬品として、高い抗菌性を誇る抗生物質の一つです。レボクインはサルモネラ菌や前立腺炎含め、多岐に渡る症状に効くことはもちろんですが、淋病やクラミジアの治療に使用する人が特に多いです。ちなみに、抗生物質にも色々あります。その中でも、クラビット然り、レボクイン含めたジェネリック医薬品はキノロン系と呼ばれ、特に抗菌性が優れている部類に属していますから、短期間で完治させたい場合にうってつけの薬とも言えます。抗菌作用が強いにも関わらず副作用が少ないことでも人気ですが、起こりうる副作用の症状としては胃痛や蕁麻疹があるようです。また、一緒に服用出来ない薬もありますから、使用する前には説明書や、一度医師への確認等を行うようにして下さい。

クラビット以外の治療薬

クラビット以外の治療薬

クラビットと同じように、クラミジア治療に用いられる薬はいくつかありますが、中でもよく知られているのは「ジスロマック」というマクロライド系の抗生物質です。ジスロマックの特徴は、服用可能対象者と効果継続期間にあります。クラビットは妊娠の可能性がある女性には使用できませんが、ジスロマックは妊娠中の方も安全に使用出来る薬なので、多くの病院で処方されています。また、効果の継続期間も長く、1度服用すれば数日間効果が続くと言われています。

ジスロマック

様々な感染症に効果があり、老若男女問わず処方されるジスロマックですが、特にクラミジアに対して効き目があることから、特効薬とも位置づけられています。更に、ジスロマックは1度の服用で数日効果が持続しますから、何度も服用する必要がある薬だと飲み忘れが心配、という方にも安心です。しかし、7日以内に他の病院で受診する場合や、薬剤師から薬を購入する際には、まだジスロマックの効果が持続していますから、その旨忘れず伝えるようにしましょう。

クラミジア検査キット

「クラミジアに感染したかもしれないけれど、病院へ行くのが恥ずかしい」、「もしかしたら気のせいかもしれないし・・・」など、検査を渋っている方たちも少なくないでしょう。そのような方たちのために、病院へ行く必要もなく、検査機関とのやり取りも必要ない、自己完結型の「クラミジア検査キット」が販売されています。検査から判定までにかかる時間はおよそ20~30分で、医療機関でも使われていることから信頼度も高いです。周囲に知られる恥ずかしさもない事から、購入する方が増えています。

クラビットの口コミ

クラビットの口コミ

評価:★★★★★ 年齢:27歳(女性)
以前クラミジアの治療薬として通販で買っていました。すぐ効果が出たので残った分は使わず取っておいたのですが、先日抜歯をしたら炎症を起こしてしまったので久しぶりに飲んでみました。効果は覿面で、飲んだ翌日には腫れてた炎症部分が治まってくれてたから助かりました。

評価:★★★ 年齢:38歳(男性)
よく扁桃腺を腫らしてしまうので重宝しています。前回の購入時に通販だと届くまでに時間がかかるという事を学んだので、今は緊急時に備え家に常備するようにしています。

クラビットのまとめ

クラビットのまとめ

クラビットはクラミジアを筆頭に性病の治療薬として有名な抗生物質ですが、中耳炎や肺炎、ニキビなど、多くの細菌に効いてくれる為、あらゆる場面で活躍しています。このように色々な症状の治療に重宝されているクラビットですが、あまり高い頻度で使用していると体に耐性が出来てしまい、クラビットが効かない体質になってしまう恐れがあります。ですから、扁桃腺が少し腫れた程度の軽い症状であれば、他の治療薬で対処することも検討した方が賢明かもしれません。
優れた抗生物質ではありますが、小さい子どもや妊娠中、授乳中の方は使用禁止です。また、併用禁止の薬もあることから注意が必要です。用法用量をきちんと守っていればこんなにも頼もしい治療薬はありませんから、正しく使って治療にあたりましょう。